X
  • Slide background

    2020年1月1日(水)
    第68回元旦競歩大会

  • Slide background

    2019年11月10日(日)
    東京20m20cm かけっこ・トライ

  • Slide background

    2019年11月2日(土)~3日(日)
    GO WOMEN 東京ウィメンズ陸上2019

  • Slide background

    2019年11月2日(土)~3日(日)
    GO WOMEN 東京ウィメンズ陸上2019

  • Slide background

    2019年4月20日(土)~21日(日)
    日本GPプレミア「TOKYO Combined Events Meet 2019」

  • Slide background

    2019年4月20日(土)~21日(日)
    日本GPプレミア「TOKYO Combined Events Meet 2019」

  • Slide background

    2019年4月20日(土)~21日(日)
    日本GPプレミア「TOKYO Combined Events Meet 2019」

What's New

 
審判講習会の中止・代替について
2020/03/26
春季大会中止のお知らせ
2020/03/10
東京マラソン2020の審判に従事する審判員の対応について
2020/02/26
2020年度公認審判講習会の対応について
2020/02/26
2020板橋Cityマラソンに参加予定のランナーの皆様へ
2020/02/20
立川シティハーフマラソン2020に参加予定のランナーの皆様へ
2020/02/20
東京マラソン2020に参加予定のランナーの皆様へ
2020/02/20
理事長就任ご挨拶
2019/07/09
賛助会員募集中
2019/05/22
2019年度第1回加入団体連絡会開催について
2019/05/17
東京選手権 優秀選手・最優秀選手
2019/05/08
S級公認審判員昇格者、各受賞者
2019/05/02
ゴ-ルデンウィ-ク休業のお知らせについて
2019/04/25
日本GPプレミア「東京大会」報道取材に関するお願い
2019/04/15
証明書の発行について
2019/03/20
過去のお知らせを見る

ご案内

 

東京マラソン2020の審判に従事する審判員の対応について - 2020/02/26

 東京マラソン財団は東京マラソン2020の開催に向け、新型ウィルスの感染防止対策を進めてまいりましたが、都内においても感染者の確認がされる中38,000人のランナーが参加することが困難であると判断し、東京マラソン2020大会については、大会規模を縮小しマラソンの招待・エリートおよび車イス招待・エリートのみ(約200人)で開催することになりました。

 東京陸協ではこれを受けて、審判員への対応を検討してまいりましたが、下記のように実施いたします。

1.審判員への対応

 ほとんどの審判員はエリート選手等のための大会開催が実施されるため、そのままの任務となりますが、大会規模の縮小に伴い約200人の審判員は配置場所を移動して審判活動の任務をしていただくことになりました。審判配置が移動となる審判員に対し個別に連絡をいたしましたので、通知文を確認して審判に従事してください。

2.その他

 3月8日実施予定の立川シティハーフマラソン、3月15日実施予定の板橋シティマラソンも中止が決定いたしました。
 こちらの方にも審判員への連絡をいたします。
 なお、東京陸協のHPから中止の情報が得られるようになっております。

 

公益財団法人 東京陸上競技協会
理事長 平塚和則

 

ご案内

 

天気を味方につけ、最高のパフォーマンスを。

医学的な知見を踏まえた実践的な暑さ対策に関する情報は「スポーツ気象Labo」で無料公開しています。

Feature

 

第68回元旦競歩 大学・一般男子20km 優勝 鈴木雄介(富士通)

鈴木選手インタビューを見る

Feature

 

第68回元旦競歩 大学・一般女子10km 優勝 河添香織(自衛隊体育学校)

理事長就任ご挨拶

理事長 平塚 和則

 

 東京陸上競技協会は1935年・昭和10年に創立され、多くの先輩たちが陸上競技を愛して東京陸協を支えてきました。さらに2013年・平成25年に時代の趨勢により公益財団法人に移行をしました。 そして現在、東京陸協の加入団体は410団体で、個人登録は中学生・高校生を含め約3万5000人を擁しております。

「一人でも多くの人が陸上競技を楽しみ、そして関わり続けるために」東京陸協はどうあるべきかを具体化していきたいと思います。まず、東京陸協が全国道府県陸協の範となるべき姿を示していくことが肝要であります。競技運営、選手強化・普及、陸上競技の啓蒙活動を通して、その成果を上げていきたいと思います。

 特に競技力向上として「勝つための東京」「強い東京」を掲げ国体、都道府県対抗駅伝に臨んでまいります。特に国体ではこの6年間に優勝が3回、2位が2回、3位が1回と着実に成果を上げており、継続して選手強化に支援をしていきたいと思います。

 また、将来のある小中学生の普及についても指導者ともども活躍の場を提供する等、目標に反映できるような取組みを実施し、将来国内外で活躍できる競技者として育成をしていきたいと思います。

 東京都内での競技会、各種マラソン大会、イベント大会等への主催・主管・運営協力、審判員の派遣活動は公益財団としての東京陸協の役割のひとつであり今後も強力に推進してまいります。これらを通じて東京陸協の財政基盤を構築し、安定した組織運営とその機能をしっかりと整え、全国の陸上競技協会の指導的立場に立ち、強力に事業を推進してまいります。

どうぞ皆様方のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

東京陸協からのお知らせ

2020年3月17日更新
2020公認競技会一覧

東京陸協へ公認申請をされた競技会の一覧を掲載しました

2020年3月17日更新  

JAAF-ID検索

個人登録完了後、JAAF-IDの発行までに数日かかりますのでご了承下さい。

JAAF-ID検索  

東京2020オリンピック・パラリンピック情報

大会情報、最新ニュース、関連コンテンツなどがまとめて見れる公式サイト。みんなで東京2020オリンピック・パラリンピックを応援しよう!

公式サイト  

2019年度個人登録募集期間

2019年度個人登録の募集期間は3月4日(月)13:00~12月11日(水)までです。

傷害保険加入のお知らせ

加盟団体主催競技会における傷害保険の加入要請についてお知らせ

詳細