X

ごあいさつ

公益財団法人東京陸上競技協会
理事長 平塚 和則

   常日頃から東京陸上競技協会にご協力を賜り、感謝申し上げます。

   さて、10月27日には「東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ」を開催する運びとなりました。

   本大会は前800mの日本記録保持者の横田真人氏から、競技会がなかなか開催されない大学生を中心として記録を狙らえるような競技会を開催できないものだろうかとの相談から始まり、東京陸協もいろいろと知恵を絞り、ウィークデーで小規模な、また競技種目を絞った競技会として、今後も発展的に実施をする試金石として、今回は中距離種目で開催することとなりました。

   横田真人氏の主宰する「TWOLAPS TC」が中心となって出場者の大学生を募り、230名の選手が集まりました。東京陸協は今後も様々な種目で、またいろいろな競技会形式を試行しながら、東京での陸上競技の啓蒙活動を通じて競技力向上に寄与していきたいと思っております。

   今回協賛いただきました「ダイダン株式会社様」はじめ、多くのボランティアの皆様のおかげで、この競技会が開催できることを、心より感謝申し上げます。また、選手の皆さんには大いなる好記録を期待して、ご挨拶とさせていただきます。

 

 

TWOLAPS TC
代表 横田 真人

   この大会は「大会の機会が少なかった大学生に大会を!」「中距離を愛した大学4年生を送り出そう!」という趣旨の大会です。

   何回も地面に這いつくばった冬季練習を終え、いよいよシーズイン。そんなときに、新型コロナウィルスが蔓延し、大学で練習できない、対外試合もなかなかできない。思うようにいかないシーズンだったかと思います。そんなフラストレーションを10月27日に駒沢で爆発させましょう。

   全力勝負で、応援で、中距離を愛し、中距離に愛されたみなさまと大会を盛り上げられたらと思います。