X

東京クロスカントリー

2020 TOKYO Cross Country

東京陸協は、12月6日「2020 TOKYO Cross Country 第1回東京クロスカントリー大会」を開催。東京都の選手に加え、北海道や長野など全国各地から合計833人の小中学生に参加いただきました。

第1回東京クロスカントリーは、国営昭和記念公園のみんなの原っぱに特設コースを設置し、東京都内で開かれる「進化系クロカン」として新しく誕生。芝生や起伏あるコースを走るクロスカントリーは故障のリスクを減らし、体全体をバランスよく鍛えることができる効果の高い練習法の1つです。東京陸協は、来年以降も継続して、東京クロカンの開催を目指し、選手の競技力向上に貢献していきます。

優勝者のコメント

小5男子(1.5km)
深井真生(乙畑小・栃木)
5分03秒

「優勝できて良かったですが、5分は切りたかったのでちょっと悔しいです。トラックでは4分50秒 を切れるようにしたいです」

小5女子(1.5km)
柿沼日恋(清新JAC・東京)
5分07秒

「坂道がきつかったですが、最後は粘れて優勝できてうれしいです。今後は全国の小学生で3位以内に入れるようにがんばります」

小6男子(1.5km)
北山俊太朗(千住ジュニア・東京)
4分47秒

「目標の4分45秒には惜しくも届かなかったですが、優勝できて満足です。大迫傑選手みたいに日本記録を出せるような選手になりたいです」

小6女子(1.5km)
一兜咲子(済美山AC・東京)
5分01秒

「思ったような記録では走れませんでしたが、優勝できて良かったです。アップダウンを使った練習を取り入れていたので、良いリズムで走ることができました」

中1男子(1.5km)
曽我瑛(清新JAC・東京)
4分36秒

「全体的にレベルが高かったので、その中で優勝できて良かったです。今後は中2で全中に出て、中3で優勝できるようにがんばりたいです」

中1女子(1.5km)
坂元唯花(辰野中・長野)
5分09秒

「タイムは納得できませんが、トラック以外のレー スは久しぶりだったので、優勝できて良かったです。今後は4分50秒切りを目指していきます」

中学共通男子(3km)
飯國新太(千住ジュニア3東京)
9分10秒

「両親とコーチに感謝の気持ちでいっぱいです。慣れないコースで脚が結構疲れました。どんなレースで も順位を狙っていける選手を目指していきたいです」

中学共通女子(3km)
池田悠音(清新JAC3東京)
10分29秒

「団体優勝のために1秒でも速く、と思って走っていたので、それが個人の優勝にもつながりました。 今後は全国高校駅伝で区間賞を取りたいです」

小学生男子団体の部(上位3人)
千住ジュニア・東京 14分38秒
(北山俊太朗、山川朔太朗、出家恒知)

小学生女子団体の部(上位3人)
市原AC・千葉 15分25秒
(保坂知穂、鶴岡美佑、上舞彩心)

中学生男子団体の部(3km上位3人)
城北AC(A) ・東京 28分48秒
(岸本駿吾、向津翼、森啓太)

中学生女子団体の部(3km上位3人)
清新JAC・東京 32分33秒
(池田悠音、竹安結衣、秋葉乃菜)